Archives

  • 2017 (2)
  • 2016 (12)
  • 2015 (17)
  • 2014 (12)
  • 2013 (8)
  • 2012 (23)

マウスコンピューター/G-Tune

東芝ダイレクト

キャンプ

1 / 212
この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。
この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。
この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

キャンプシーズン到来です。
楽しいはずのキャンプを最悪にしてくれるのが、「雨」と「ブヨ」です。
当日の天候は神頼みですが、ブヨは知識を持って、しっかり対策すれば安心です。

■ブヨの予備知識

  • 正式名「ブユ(蚋)」、関東では「ブヨ」、関西では「ブト」とも呼ばれています。
  • 体長3mm~5mm
  • ブヨはに活発に活動します。
  • 地上から近い範囲で飛ぶので、スネ周りがよく狙われます。
  • 芝生、草原、水辺などに生息しています。
  • 刺すというより、かまれて血を吸われるようです。
  • かまれた時に毒が体内に入り、かゆみ、痛み、腫れが後でおそってきます。
  • かまれたまま放置した場合、翌日以降に多くの方が病院で飲み薬+塗り薬を処方される結果になっています。
  • 病院+薬代よりも安上がりで、何よりも体の負担を減らせるので、対策グッズを準備されることをおすすめします。

■ブヨの画像

ブユブヨブト画像

■ブヨにかまれないための対策
  • スプレーボトル(100均で購入)にハッカ油を水で溶かして肌にスプレーする。
  • 数時間ごとにスレプーした方が良いようです。
  • 朝、夕は長袖、長ズボン靴下を着用する。(これが一番効果が高く安上がりです。)
  • パワー森林香(業務用の蚊取り線香)の活用
    林業の方が仕事の際に使用する強力な蚊取り線香で、ブヨ対策で使用される方も多いようです。
  • 奥の手ですが、「ディート」の配合率が高いジェルタイプの虫除け剤を使う。
    ディートは危険性も指摘されているため小さな子どもなどへの使用には注意が必要です。

■それでもブヨにやられた~

  • かまれたらすぐにポイズンリムーバーで毒を吸い出す。
    かまれてすぐ使用した時のポイズンリムーバーの効果は絶大です。時間がたつと毒がまわってしまいます。
    私はポイズンリムバーのおかげでかなり軽い症状ですみました。ブヨだけでなく蜂や蚊に刺された時にも使えます。
  • ステロイド系の塗り薬を患部に塗布する。一般的な虫さされの塗り薬(ムヒなど)では効果がありません。
    処方薬(リンデロン)、市販薬(フルコート)など
  • ステロイド系の塗り薬は強力な反面、使用には厳重な注意が必要です。
    医師、薬剤師の指示に従って使用するようにしてください。
    紫外線に反応してシミが残る、他深刻な副作用も指摘されています。
  • 塗り薬はかゆみや腫れを抑える効果があるだけで、根本の治療にはならないそうです。
  • 腫れがおさまらない、かゆみがひどい場合は早めに診察されることをおすすめします。

以上がキャンプ場でのブヨ対策です。

            


キャンプ参加メンバーのみなさん

キャンプの準備に関しての連絡です。

  • 買い出しと料理の打ち合わせのため、11時にビッグ富士昭府店集合でお願いします。
  • 直接キャンプ場に行かれる方は13時に現地集合でお願いします。

調理関係リスト

  • 米を食べたい分、1合ずつ袋分けして持ってきてください。
  • 静岡市指定ゴミ袋を2枚ずつ持ってきてください。(ゴミは持ち帰りになります。)
  • 炊飯用、5合炊き以上の「圧力なべ」・・・ひろし
  • バーベキューコンロ・・・ひろし
  • ウォータージャグ(冷茶)1台・・・ひろし
  • 買い物カゴ(食器の持ち運び用)・・・お持ちの方いらしゃったらお願いします。
  • 食器(皿、箸)、コップ類は各自でできるだけ持ってきてください。
    割り箸、紙皿、紙コップも購入します。
  • スモーカー(Amazonで購入済)・・・ひろし

キャンプ用品について

レンタルがありません。忘れずにご持参ください。

近隣の病院など

秋山医院 静岡県静岡市葵区相俣638-4

 


この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。
この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

キャンプシーズン到来です。
楽しいはずのキャンプを最悪にしてくれるのが、「雨」と「ブヨ」です。
当日の天候は神頼みですが、ブヨは知識を持って、しっかり対策すれば安心です。

■ブヨの予備知識

  • 正式名「ブユ(蚋)」、関東では「ブヨ」、関西では「ブト」とも呼ばれています。
  • 体長3mm~5mm
  • ブヨはに活発に活動します。
  • 地上から近い範囲で飛ぶので、スネ周りがよく狙われます。
  • 芝生、草原、水辺などに生息しています。
  • 刺すというより、かまれて血を吸われるようです。
  • かまれた時に毒が体内に入り、かゆみ、痛み、腫れが後でおそってきます。
  • かまれたまま放置した場合、翌日以降に多くの方が病院で飲み薬+塗り薬を処方される結果になっています。
  • 病院+薬代よりも安上がりで、何よりも体の負担を減らせるので、対策グッズを準備されることをおすすめします。

■ブヨの画像

ブユブヨブト画像

■ブヨにかまれないための対策
  • スプレーボトル(100均で購入)にハッカ油を水で溶かして肌にスプレーする。
  • 数時間ごとにスレプーした方が良いようです。
  • 朝、夕は長袖、長ズボン靴下を着用する。(これが一番効果が高く安上がりです。)
  • パワー森林香(業務用の蚊取り線香)の活用
    林業の方が仕事の際に使用する強力な蚊取り線香で、ブヨ対策で使用される方も多いようです。
  • 奥の手ですが、「ディート」の配合率が高いジェルタイプの虫除け剤を使う。
    ディートは危険性も指摘されているため小さな子どもなどへの使用には注意が必要です。

■それでもブヨにやられた~

  • かまれたらすぐにポイズンリムーバーで毒を吸い出す。
    かまれてすぐ使用した時のポイズンリムーバーの効果は絶大です。時間がたつと毒がまわってしまいます。
    私はポイズンリムバーのおかげでかなり軽い症状ですみました。ブヨだけでなく蜂や蚊に刺された時にも使えます。
  • ステロイド系の塗り薬を患部に塗布する。一般的な虫さされの塗り薬(ムヒなど)では効果がありません。
    処方薬(リンデロン)、市販薬(フルコート)など
  • ステロイド系の塗り薬は強力な反面、使用には厳重な注意が必要です。
    医師、薬剤師の指示に従って使用するようにしてください。
    紫外線に反応してシミが残る、他深刻な副作用も指摘されています。
  • 塗り薬はかゆみや腫れを抑える効果があるだけで、根本の治療にはならないそうです。
  • 腫れがおさまらない、かゆみがひどい場合は早めに診察されることをおすすめします。

以上がキャンプ場でのブヨ対策です。

           


キャンプ参加メンバーのみなさん

キャンプの準備状況はいかがでしょうか。

■キャンプ用品リストの変更点と持ってきていただく方

  • 炊飯用、5合炊き以上の「圧力なべ」・・・たえちゃん、しげちゃん、くみちゃん、ひろし
    人数が多いので、3~4ほしいです。持っている方はお持ちください。
  • 飯ごう・・・しげちゃん
  • バーベキューコンロ・・・かずくん、とおるくん、ひろし
  • ウォータージャグ(冷茶)1台・・・くみちゃん
  • 買い物カゴ(食器の持ち運び用)・・・お持ちの方いらしゃったらお願いします。
  • 食器(皿、箸)、コップ類は各自でできるだけ持ってきてください。
    割り箸、紙皿、紙コップは用意します。

■レンタル用品について

必要な方は事前にご連絡ください。

  • テント・・・3500円
  • インナーマット・・・500円
  • アウトドアチェア・・・300円
  • 毛布・・・500円

■マスのつかみ取りを予定しています。

  • 夕食のおかずとして1人1匹(250円)を予定しておりますが、魚がダメ、いらない方は24日までにご連絡ください。
  • 逆に2匹以上取りたい、食べたい方も24日までに連絡ください。

 


この投稿に新たな情報を追記した「最新のブヨ対策」はこちらです。>>

キャンプ参加メンバーのみなさん

一昨年の天子の森キャンプ場ではブヨの被害者が続出しましたので、今年はしっかり対策していきましょう。

■ブヨの予備知識

  • 正式名「ブユ(蚋)」、関東では「ブヨ」、関西では「ブト」とも呼ばれています。
  • 体長3mm~5mm
  • ブヨは朝、夕に活発に活動します。
  • 足、スネ周りがよく狙われます。
  • 刺すというよりかまれて血を吸われるようです。
  • かまれた時に毒が体内に入り、かゆみ、痛み、腫れが遅れておそってきます。
  • かまれたまま放置した場合、翌日以降に多くの方が病院で飲み薬+塗り薬を処方される結果になっています。
  • 病院+薬代よりも安上がりで、何よりも体の負担を減らせるので、対策グッズを準備されることをおすすめします。

■ブヨにかまれないための対策

  • スプレーボトル(100均で購入)にハッカ油を水で溶かして肌にスプレーする。
  • 数時間ごとにスレプーした方が良いようです。
  • 朝、夕は長袖、長ズボン、靴下を着用する。
  • 奥の手ですが、「ディート」の配合率が高いジェルタイプの虫除け剤を使う。
    ディートは危険性も指摘されているため小さな子どもなどへの使用には注意が必要です。

■それでもブヨにやられた~

  • かまれたらすぐにポイズンリムーバーで毒を吸い出す。
    かまれてすぐ使用した時のポイズンリムーバーの効果は絶大です。時間がたつと毒がまわってしまいます。
  • ステロイド系の塗り薬を患部に塗布する。
    処方薬(リンデロン)、市販薬(フルコート)など
  • ステロイド系の塗り薬は強力な反面、使用には厳重な注意が必要です。
    医師、薬剤師の指示に従って使用するようにしてください。
    紫外線に反応してシミが残る、他深刻な副作用も指摘されています。
  • 塗り薬はかゆみや腫れを抑える効果があるだけで、根本の治療にはならないそうです。
  • 腫れがおさまらない、かゆみがひどい場合は早めに診察されることをおすすめします。

以上がキャンプ場でのブヨ対策です。

    


1 / 212